都道府県としては二例目、
議員提案としては全国初。

 昨年末、県議会において議員提案により、神奈川県手話言語条例を制定いたしました。
 この条例は、手話が独自の語彙や文法体系を有する“言語”であり、ろう者によって大切に受け継がれ発展を遂げてきた歴史的・文化的所産であるとの認識のもと、手話に対する県民の理解を深め、広く普及していくとともに、全ての県民が相互にその人格と個性を尊重し合いながら共生することができる地域社会を実現することを目的としています。
 これは、昨年5月に、条例制定を求める陳情が5万4千名を超す署名を添えて県議会に提出されたことを受け、県民の声を真摯に受け止め、県政に反映していくことが議会の役割であり、議員の責務であるとの考え方のもと議論を重ねてきました。
 私自身、自民・公明・県政の三会派からなる条例制定検討会議の事務局長として実務に携わってきた一人として、これまでの取り組みが実を結んだこととを、とても感慨深く思います。また、署名にご協力下さいました方々をはじめ、心ある多くの皆様とともに、条例制定の喜びを分かち合いたいと思います。
 条例制定は、決して“ゴール”ではなく、あくまでも真の共生社会の実現に向けた、新たな“スタート”に他なりません。
 引き続き、心ある皆様とともに、今後の具体的な施策展開の推移を見守っていきたいと思います。

陳情書の内容を検討するため何度も意見交換
センター南の春まつりでは1,000名超の署名が集まりました。
5万筆を超える署名とともに陳情書を議長に提出
条例案を議長に提出
条例案の審議の様子(答弁者として登壇)
120名を超える傍聴者の皆様と喜びを分かち合う
読売新聞(2014年12月26日)